傷痕治療とは何か

「傷痕」とは、人が怪我をした時に、その傷口にコラーゲンが異常形成される事によって残る傷跡のことで、自然治癒力では治すことのできないものの事を言います。この傷痕を治すための「傷痕治療」に関する知識は、世の中にあまりにも間違ったものが蔓延しています。皮膚は傷口ができた時に、その部分の皮膚を強化しようとする働きをしますが、その際に異常に固くなり過ぎて、それが傷跡になって残ってしまう事があります。中にはこの時形成されたかさぶたをはがしてしまおうとする人がいますが、これは大きな間違いです。

皮膚は、傷口ができる度に、皮膚を厚くしようとする働きを持っているので、ますます痕として残りやすくなってしまいます。かさぶたをはがすぐらいなら、傷口を湿らせたガーゼのようなもので覆った方が効果はあります。世の中には、こうした傷痕治療の方法を誤って行ってしまう人が増えています。特に、傷痕治療の場合は、実際に効果が得られる治療法は、ごく僅かであると言われています。皮膚は人から見える部分なので、間違った方法を行って、返って以前よりも酷い状態になってしまっては、お金も時間も無駄にしてしまうことになります。

何事に関してもそうですが、正しい知識を持って行動しましょう。ポイントとしては、傷痕治療の場合、時間やお金をかけて治療すれば治るというわけではありません。最も効果的な3つを例に、傷痕治療の根本的な解決に結びつけてください。